Erbのこだわり

​ーコスメとフードのお話vol.1ー

【ERBイースタントリートボディオイル】

南国のリゾートへ一気に連れてってくれる夢見心地な香りのErbのボディオイル「イースタントリート」。

今回は「食べるもの」の視点から、このアイテムの魅力をお伝えします。
「イースタントリート」は、名前の通り、東洋ならではの素材が絶妙にブレンドされています。

Erbイースタントリートボディオイルに配合されているオイル

オイルなのにサラッとしているのは、Rice Bran Oil、つまり「こめ油」が使われているから。
こめ油は、玄米を精米するとできる米ぬかから抽出された油。

食用油としての用途は幅広く揚げ物からドレッシングなど多岐にわたって使用されています。
こめ油には「トコロリエノール」という成分が含まれているためビタミンEの約40倍とされる抗酸化力が期待できるといわれています。
他の植物油とは違って、「y-オリザノール」という成分が含まれているのも特長。冷えや倦怠感など自律神経にも働きかけてくれるという嬉しい成分なのです。

肌なじみがよく浸透力も高いとされており、べたつかず肌をやわらかくする効果が期待できます。

そして「イースタントリート」にはさらに、Sesame Oilもブレンドされています。
そう「ごま油」です!
ごま油というと、中華料理に使うものという認識だけど、日本でも上質なものは「白絞り」と呼ばれて髪油やボディケア品としても使われていたそうです。

「ゴマグリナン」という成分が含まれていてこの成分は女性ホルモンに似た植物性エストロゲンなのです。

インドのアーユルヴェーダボディマッサージに使われることでも知られています。
肌に塗ることで肌から成分を吸収し、さらに余計な脂肪や老廃物を取り除くデトックス効果も期待できるといわれています。

ご自宅でオイルマッサージ
ご自宅でオイルマッサージ

シャワー後、手に適量取り、少し体温で温めてからお肌に塗りこむと浸透力が高まります。

脚の場合はつま先から太ももへ、腕の場合は首・肩・鎖骨から指先に向かって優しくマッサージしていただくとリンパの流れも整えることができます。

合わせて使いたいオススメ商品